12月後半でもまだ間に合う写真付き年賀状の即納サイト

年賀状の準備で毎年ギリギリになる私ですが、特にヤバい時にはもういかに即納できるかっていう基準で選びます。

1つ言っておくと、写真を使わないイラストだけのデザインの年賀状だと即日仕上げ&即納できる傾向にありますが、写真を入れるともう少し時間がかかることもあるんですよね・・・

最も細かい話をすると、写真入り年賀状でも普通の印刷画質のものであれば納期も速いです。

ほとんどんがイラスト絵柄のみの年賀状と同じです。

ただ銀塩プリントのように高画質な高級仕上げにすると数日納期は延びる傾向にありますね!

元旦着のためには、28日までのポスト投函しておけば大体何とかなります。

逆に言えば、28日までまだ数日ある場合には多少は余裕に考えても大丈夫、ということ。

あまり焦り過ぎてもいいことはないため、本当にギリギリでないなら即日仕上げ縛りは止めて広く検討されると良いかと思います。

私の場合だと、安くておしゃれなところが良いので、こちらの比較サイト(年賀状印刷が安いネット注文ズバッ!)はとても参考になりました。

というわけで、今年も終わりそうなこの時期にまだ年賀状を発注しておらず・・・

これから急ぎで・・・でもステキなものを作りたいあなたに「即日仕上げ、即納が可能な年賀状印刷サービス」をお教え致します!

(デザイン、品質面の満足度は大前提とした)即納基準でおすすめの年賀状印刷業者だけ厳選しておりますよ!

【2020】年賀状印刷が即日仕上げで納品してくれるおすすめのところ

おたより本舗(最速納期!)※かなりおすすめ!


MEMO
・通常:12時までの注文で当日発送
・宛名印刷:+1営業日
おたより本舗公式サイトでの納期の説明ページ

おたより本舗では宛名印刷が無料!という点が嬉しいのです♪

納期もかなり早くて、12時までの注文ならその日のうちの出荷も可能。

但し宛名印刷を付けると出荷が1日だけ伸びます。

あまりにも急ぎなら無理ですが、そうでもないならせっかく無料の宛名印刷オプションは利用しておきたいですよね!

だって宛名印刷込みでも12時までに注文すれば翌日に出荷してくれるんです、、、これは本当に凄いです!

当日仕上げってのも良いんですが、おたより本舗はそのデザインのおしゃれさ、豊富さ、そしてコスパ感的にもものすごくおすすめなんですよね♪ 私も来年の分含め、今までにも数回利用していますが、ここはお友達にもおすすめしているくらいです!

ふみいろ年賀状

MEMO
・通常(イラストタイプ):13時までの注文で当日発送
・通常(写真タイプ):13時までの注文で2営業日の発送
・宛名印刷:納期変わらず
ふみいろ年賀状公式サイトでの納期の説明ページ

ふみいろ年賀状はイラストタイプと写真入りタイプで納期が異なります。

イラストタイプなら13時までに注文を入れれれば即日仕上げ、当日発送をしてくれますよ!

しかも凄いは宛名印刷が無料な上、それを同時に申し込んでも納期が一切延びない!ってことです。

条件的にはおたより本舗と比較してもほぼ変わらないレベルなので、デザインでお気に入りがあればこちらもぜひ積極的に利用をしたほうがいいですよ!

ネットスクウェア(安いよ!)

年賀2

MEMO
・通常:17:00までの注文で2営業日後の発送(土日祝休み)
・宛名印刷:7~8営業日後の発送
公式サイトでの納期の説明ページ

発送速度は普通ですが、何よりも安い!という観点を最重視したいならここですね。

安いけどその割にデザイン数も多く、現にお客様の声ページを見てもわかるように、価格重視で選んだ方の満足度が非常に高いです。

明日には投函しないとダメ!という場合は使えませんが、数日余裕があって安く年賀状を仕上げたいならここをどうぞ。

尚、宛名印刷オプションは1枚10円かかりますし、これをやると一気に納期が遅くなるので急ぎの場合は向いていません。

あくまでも宛名印刷オプションは使わず、3・4日後には手元に格安で年賀状が欲しい!という方向けです!

挨拶状ドットコム

MEMO
・通常:注文日から2営業日後の発送(日・祝休み)
・宛名印刷:納期変わらず
公式サイトでの納期の説明ページ

挨拶状ドットコムの場合、宛名印刷を利用しようがしまいが納期には影響しません。

業務用レーザープリンタでの通常仕上げなら注文から2営業日に発送となります。

特に早いわけではないですが、宛名印刷込みで考えると早いほうである!と言えますね。

あとは挨拶状ドットコムの年賀状はデザイン的にも完全オリジナルで独自性&オシャレ度が高いものが多いです。

そういう意味ではデザインもかなり重視しながらの年賀状印刷オーダーができます。

大量の年賀状印刷は両面印刷が鍵!

いくら慣れているといっても、50枚を超えるそこそこ大量の印刷って思った以上に大変なんですよね。

・インクが切れた!
・紙が詰まった!
・原因不明でプリンターが動かなくなってミスプリントの山…。

年賀状の場合、メッセージを書く裏面だけでなく、宛名面の印刷も必要なので、二倍の労力がかかります。

そこで、私は年賀状の印刷は「おたより本舗」を利用しています。

ここは既存のデザインだけでなく、オリジナルのデザインも入稿できる上、宛名面の住所録を登録すれば両面印刷をしてくれます!

しかも宛名印刷は完全無料です!

なんて便利なんでしょう。

以前は、別の会社で裏面だけの印刷を依頼したのですが、案の定ミスプリントが大量に発生して追加追加でコストが増大。

ただでさえ年末の忙しい時期に、泣く泣く足りない分の年賀状を買いに走ったりしていました。

それが、データの入稿と確認だけで完了するので、プリンターの前で立ち尽くすこともなくなりました。

おまけに、他社のネット印刷通販さんに比べてお値段もお安いので経費の削減にもなります。

ハガキの無駄も、時間の無駄も、お金の無駄も省ける。
まさしく救世主!

今後も私は両面(宛名と裏の柄)印刷のできる業者さんを選びます!

12月でも年末になると安さはイマイチに!

年賀状の印刷サービスというのはどこも早割というシステムをやっています。

つまり早く注文してくれたらその分安くしますよ!という方法で、閑散期をカバーするような双方にメリットがある割引なんですね。

ですが12月でも1日に注文するのと20日に注文するのでは全く値段も違います。

なので出来るだけ早く!が鉄則ということ。ダラダラして注文していないとお金でも損をしてしまうことに気付くべきですね!

11月中とかに準備している人は印刷料金が50%OFFとかでオーダーできているわけで、年賀状に関してはそういう人が安く得をしているんです。